top of page

58歳 会社経営



長年連れ添ってくれた妻が3年前に他界しました。

2年間は悲しみに包まれていて、再婚だとか女性に対する興味は全く無い状況だったのですが、「お父さん、お母さんが亡くなってから大分老けたね。もし、私たちに気を使って再婚しないとか考えているなら気にしなくていいよ。」この娘の一言で再婚を考えるようになりました。


そういえば白髪が増え、活力もありません。

昔は妻とはよくスポーツクラブへ行ったり、旅行へ行ったりしていたのに今はそれがない。


男性は女性がいないとこんなにも弱ってしまうのかと思いました。


しかし、いざ出会いを探してみるとそうあるものではありません。


そんな時、経営者仲間から教えてもらったのが「某交際クラブ」でした。


仲間からすすめられるままにクラブに入会しました。


クラブに入会して驚いたのが、私の年齢から考えるとまず出会うことはないであろう20代前半の女性から40代くらいの女性がいたことです。


正直なところ、紹介してもらったところで私なんかが受け入れてもらえるかと不安でしたが、不安は杞憂に終わりました。


もちろん相性の合わない女性もいましたが、バッチリ性格の合う女性が多かったことも驚きの一つです。


その後何人かとお付き合いし、クラブからもっと容姿端麗で才色兼備な女性がいるとのことで特別VIPプランへの招待を受けました。


私はこの先長くないし、経済的にも余裕があったので素直に移行してみることにしました。


特別VIPプランには私の想像をこえる女性が数多く在籍しており、


私は夢中になってクラブを利用しました。


今は無き妻には若干申し訳ない気はしますが、どうしてもこの気持ちは止められません。


現在は特別VIPプランに在籍する女性とお付き合いし、食事やゴルフやデート、旅行などを一緒に楽しんでいます。


Bình luận


bottom of page