top of page

楽しいのは友達、落ち着くのは恋人

まず男女が一緒にいて楽しいか落ち着くかで、友達と恋人の境界線が分かります。 一緒に居てどう思うかなんていうのは、確かに普段は意識して考えていない人も多いでしょう。 異性だとしても、友達だとしか思えない人がいるのも事実。 でも、少しでも異性として意識して恋人への発展が期待できる女性なら、少なからず友達とは違った感情を抱くもの。 そこで、「一緒にいて楽しいか?それとも落ち着くか?」どちらが当てはまるか自分の心に問いかけてみてください。 もし友達なら、冗談を言い合って笑い転げたり、グループみんなで出かけたり、一緒にいても同性の友達と同じように楽しく遊ぶことができます。 つまり一緒にいて楽しい時間を共有できる女性です。 一方で恋人だと思う女性は、何時間一緒に居ても気を遣わずにいられることが大事なポイントになってきます。 つまり心が安らいだり、落ち着いたりする女性ということです。

自分以外の誰かのために時間を作れるかどうかというのは、自分の気持ちを知るためには重要なことになります。 ここで女性への気持ちの優先度が、友達か恋人かの気持ちの違いを知るポイントになるんです。 仕事で忙しいときや、ちょっと体調が悪いときまで、女性に合わせられるのか?  それに多少の無理をしても女性が会いたいと伝えれば会いに行けるか、それとも無理をしないで行かない選択を選ぶのか。 そこが友達と恋人の関係で大きな違いとなります。 もし友達だと思っていれば、他の約束があっても都合が悪いと平気で断ることができるかもしれません。 一方で時間を作りたいと思える女性は、たとえ無自覚でも友達以上の感情を抱いているということです。 まだ好きという自覚がなくても、その相手のことを思いやれるかどうか。 そして、とにかく女性に嫌われたくないと思うか、無理をしてでも時間を作れるかどうか、それが友達と恋人との境界線で、ハッキリとした違いといえます👍

Comments


bottom of page