top of page

愛される女性の5か条

男性も女性も、異性に愛してもらうには相応の努力が必要です。その努力を怠ってしまうと、異性からの評価が低くなり、いざ好きな人ができたときに相手にしてもらえない、告白してもあっさり振られてしまうということになりかねません。

この記事では愛される女性の5か条をご紹介いたします。交際クラブをご利用する皆さんが、以下の条件をクリアしているかどうか見つめ直し、自分磨きを始めるきっかけとしてお役立ていただければ幸いです。


1. 見た目が可愛らしい。

見た目の可愛らしい人、綺麗な人はやはり

男性に愛されます。別にモデルやアイドル並みに綺麗である必要はないのです。がりがりに痩せているのでもなく、太っているのでもなく、メイクをしたときにそれなりに可愛ければ、男性としては充分といったところでしょう。

普段から適度な運動に取り組み、体型を維持して、メイクを面倒くさがらずにしていれば、それだけである程度は男性にモテます。愛される女の条件は他にもありますが、この見た目のウエイトが最も大きいと考えてください。性格がどうあれ、可愛らしい人はやはりモテるものなのです。

2. 奢ってもらって当たり前だと思わない。

デートをする際には、基本的には男性が会計を支払います。男は女に出させない、これは男女間の暗黙のルールであり、実践している方も多いでしょう。しかしだからといって、奢ってもらうのは当たり前だというような態度を見せる人は、男性には愛されません。逆に、奢ってもらったときに感謝の気持ちを伝えられる人、会計の時にせめて財布を出すくらいのことはする人は愛されます。

この記事をお読みの方の中には、奢ってもらって当たり前だと考えている方もいらっしゃるかもしれません。その考え方をやめろとは言いませんが、奢ってもらって当たり前だという態度を見せることは避けたほうが良いでしょう。その本音を相手に気取られないようにしてください。


3. 料理が上手。

料理が上手な人もまた、男性には愛されます。シェフ並みの腕前をお持ちの方はもちろんモテると思いますが、そこまでレベルが高くなくても良いのです。一般的な家庭料理を普通に美味しく作ることができる、そのくらいのレベルで男性は満足してくれるものなのです。 ではなぜ男性は料理の上手さを求めるのかというと、親元を離れた後は身近な人の手料理を食べる機会が少ないからというのもありますし、一緒に暮らし始めたときに美味しいものを毎日食べられるというところに魅力を感じるからでもあります。とにかく男性は、恋人などに手料理を作ってもらうのを好む生き物なのです。 料理本を見て、見本通りの料理を作れるレベルで構いません。男性にモテたければぜひ、料理の勉強と練習をしてみてください。


4. 冷静にお話ができる。

何か気に食わないことがあったときに怒鳴りつけてしまう、感情的になって暴言を吐いてしまう、相手の話、言い分を聞かない。

このような人は男性にはモテません。

逆にたとえば喧嘩をしたときでも冷静に話ができる人は男性に愛されます。

相手の言い分を聞いたうえで、自分はこう思うと具体的かつ丁寧に説明ができる人はモテるのです。

喧嘩をしてしまったときにもそうですが、冷静にお話ができない人というのは、たとえば飲食店などで何か腹の立つことがあったときに、その場で従業員を怒鳴りつけたり、ネチネチと長いこと文句を言ったりすることが多いです。

しかし男性にしてみれば、公衆の面前で感情的に何かを言うのは控えて欲しいと思うところでしょう。

そのような人は男性に面倒くさい女性だと思われる傾向が多いのです。

男性にモテなくても良いのなら、相手を怒鳴りつけようと何をしようと構いません。

すべては自己責任です。

しかし男性にモテたいのであれば、少しは気を付けたほうが良いでしょう。

頭にくることがあっても対話の姿勢を忘れないようにしてください。


5. 男性のやることや見た目を褒めてくれる。肯定してくれる。

これは男女ともに求めるところかもしれません。女性が褒められれば嬉しいのと同じく、男性もやはり褒められると嬉しいものなのです。見た目のことはもちろん、男性が今取り組んでいる仕事や趣味についても、褒めてくれたり肯定してくれたりする人はやはり愛されます。

これは相手に間違いがあってもそれを責めるなとか、指摘するなということではありません。相手が自分の成果として考えていることや、自分に直接関係のない事柄についてでも、さらっと褒めてあげるということです。それができる人は間違いなく愛されます。


6. まとめ

以上、愛される人の5か条についてお話しいたしました。上記の条件を満たせば間違いなく男性には愛されます。

気になる彼を振り向かせたい、恋人としてうまくやっていきたいという方は、ぜひこれらのことを意識してみてください。

Comments


bottom of page