top of page

女性としての幸せ


結婚後には、「母」や「お母さん」としての存在になってしまうことが多く、「女性」として扱われる時間が減ることに対して「不満」を感じることがあります。 家庭内でも呼び名が「ママ」や「お母さん」に変化していき、それが当たり前になっていきます。 もちろん、それは当たり前の形であり幸せなことであると考えられますが、女性として不満を感じる意見がある以上は、男性として改善を試みるべきです。

二人の時は名前で呼ぶことや、二人で出かける時間を作るなど工夫できることは沢山あります。 日常の労いも兼ねて、食事に出かけるなども非常に効果的です。 結婚しても、母になっても、パートナーはあなたの彼女であることを忘れないことが大切です。

結婚後も変わらずに、「幸せ」を感じ愛し合える関係でいられることは誰しもの理想といえるでしょう。 しかし、残念ながら幸せばかりを感じながら過ごすことが出来ないのが結婚の現実なのかもしれません。 しかし、お互いの認識や思いやりひとつで関係は劇的に変化するかもしれません。 お互いの一つが一つが、生活を形成していることを忘れずに、共有することが何よりも大切です👍

Comments


bottom of page