top of page

交際クラブで出会った男性が、デート中に「帰りたい……」と思ってしまう女性の行動

交際クラブ会員の男性とデートをした際、デート中、相手の機嫌が良くなかったり、「今日はもう帰ろう」と言われたりしたことはないでしょうか。その後連絡も取れず、せっかく出逢ったチャンスをみすみす逃してしまうというケースは決して珍しくありません。

そうなってしまう原因は、一緒にデートをしている女性側の言動にある場合があります。もしかするとあなたも知らず知らずのうちに男性の機嫌を損ねる行動をとってしまっているかもしれません。

これから交際クラブでデートを考えている方の参考になれば幸いです。


1. お金の話ばかりする。

交際クラブ・デートクラブに登録している男性は多くの場合お金持ちです。年収1000万円以上の人もそれほど珍しくはありません。女の子にお小遣いを渡したり、高級な食事やホテルに連れて行ったりすること自体は何でもないですし、楽しい時間を過ごさせてくれた女性には、そうすることが当たり前だと考えている人が多いでしょう。

しかしだからといって、お金の話ばかりするのはいただけません。お小遣いはいつ、いくらくれるのかとしつこく訊ねたり、このお店はいくらするのかと値段ばかり気にしたり、今生活に困っているなど遠回しな「おねだり」を繰り返したり。こういった人を前にすると、お金持ちでなくても男性はその女性に落胆し、一刻でも早く帰りたいと思ってしまいます。

男性は素敵な女性とのデートを楽しむために交際クラブを利用しているのです。デートの雰囲気を台無しにするような言動は控えた方が良いでしょう。

2. 他の男の話をする。

デート中に、他の男性の話をするのも印象は良くありません。以前会ったおじさまの話や、彼氏とどういうところへ行った、どういうことをしたという思い出話をするのはやめた方が良いでしょう。

男性は2人きりのデートを楽しむためにクラブを利用しています。それなのに他の男の話をされてしまうと、2人だけのデートという雰囲気が壊れてしまいますし、自分とそれまでの男性を比較しているように聞こえて残念に思うでしょう。面白くない、帰りたいと思っても無理はありません。

過去の男にどれだけ尽くしてもらったか自慢話として披露したくなる気持ちはわかりますが、男性とのデート中にそれは控えた方が良いでしょう。相手を不機嫌にさせるだけで、何もメリットがありません。

3. お店の従業員に高圧的な態度を取る。

たとえ男性に対し礼儀正しく接していたとしても、ショップや料理店の従業員等に対し高圧的な態度を取るのでは意味がありません。タメ口でキツい物言いをする、命令口調で頼み事をする。このようなマナーのなっていない人とのデートは楽しくないですし、従業員に対して申し訳ないという気持ちになってしまうはずです。

相手がどのような職種の人であろうと、常に敬意を持って接し、基本的には敬語を使うことが重要です。「〇〇して」「〇〇持ってきて」など命令口調でモノを言ったり、従業員をネチネチと叱ったりするのは絶対にNG。たとえ従業員が何らかのミスをしたとしても、寛大な心で許してあげる、いちいち文句を言わない、これこそが男性から見たイイ女の条件です。

4. 優柔不断で買い物が長い、注文が遅い。

男性と一緒に服やアクセサリーを買いに行ったとき、欲しいものが中々決まらず、男性をウンザリさせてしまった、疲れさせてしまったという経験はないでしょうか。女子にとってはゆっくりまったり買い物をするのは普通のことかもしれませんが、人によっては「さっさとしてくれ」と思う男性もいるでしょう。数点の買い物のためにショッピングモールを延々と歩かされたり、同系統のショップを何店舗をぐるぐる回らされたりするのを嫌う男性は非常に多いので注意してください。

同様に、料理の注文を決めるのに10分も20分もかけるような優柔不断な人もあまり印象は宜しくありません。男性を疲れさせないためにも、買うものや食べるものはできればサクッと決めたいところです。


以上、交際クラブで出会った男性が、デート中に「帰りたい……」と思ってしまう女性の行動についてご紹介しました。

上記の項目のどれかに当てはまる方は、知らず知らずのうちに男性を怒らせ、不機嫌にさせ、「帰りたい」という気分にさせているかもしれません。相手が不快そうにしている原因は、あなたが無意識のうちにしている言動にあるかもしれないのです。デートを打ち切られてしまった、男性に連絡を無視されるようになってしまったという方は、これを機に自身の発言や行動を振り返ってみましょう。男性に媚びろとは言いませんが、せめて不快な思いをさせないよう注意してみてください。



Comments


bottom of page