top of page

こんな自分でも交際クラブで出会えるの?

出会い系や婚活パーティーなどに参加してみたけど、お目当ての人から避けられたという苦い経験をお持ちの男性も少なくないのではないでしょうか。 交際クラブなら、優良な女性と出会えるかもしれません。 そこで今回は、どんなタイプなら交際クラブで素敵な女性に出会えるのか、ポイントを抑えてご紹介します。


交際クラブでモテるには?敢えて狙わない!?

男性が交際クラブに入会する理由は、大きく分けて2つあると思います。 まずはただ単純に女性との接点を持って非日常的な体験をしたいからというもの。 次に金銭的に余裕があって奉仕的な精神を持ちながら好みの女性と付き合いたいということが挙げられます。 確かに交際クラブには魅力的な女性が入会していますが、出会うとなればあまりガツガツしない方がいいかもしれません。 交際クラブに在籍する女性は、若い一般女性が多くを占めます。 男性の扱いに慣れている水商売の女性は少ない傾向にあるでしょう。 そのため自分と出会ってほしいという圧が強ければ強いほど、どのように接していいのか分からずに引かれてチャンスを逃してしまうのです。

もし交際クラブで出会いのチャンスを掴むなら、ガツガツした態度で望むのではなく、優しく見守るつもりで女性とマッチングされるのを待ちましょう。 交際クラブには面接時から関わってくれる出会いのスペシャリストであるスタッフが、男女のより良い出会いをサポートしてくれます。 つまり自分だけが頑張ろうとしなくてもいいということです。 たとえ積極的に好みの女性と関わりたいと考えていても、それは胸の奥に留めるようにして、女性からのアプローチを受け身の態度で待つようにしましょう。 ただ女性のおしゃべりを親身になって聞くだけでも好感度が上がり、次第に自然とモテるようになるはずです。

匂いや仕草に注意!見られている意識を持とう

特に中高年の男性なら、加齢臭が気になる人も多いと思います。 交際クラブに入会している男性もまた、加齢臭対策を取っている人も少なからずいらっしゃいます。 わずかな動きでも匂いは体から香ります。 毎日の入浴で頭から足の先まで清潔にして、しっかりと洗うことで悪い皮脂汚れの匂いを防げるんです。 体を洗うときのポイントとしては、泡をしっかりと立てることにあります。 しっかりと角がたつ泡で余分に分泌された皮脂を取り除けるため、気になる臭いを防ぐことができるんです。 ゴシゴシと洗いたい気持ちも分かりますが、その洗い方だと皮膚表面が小さく傷つき、肌トラブルから臭いを引き起こす恐れがあります。 頭皮も同様に粗雑に爪を立てて洗うことはおすすめできません。 指の腹を使って、マッサージするように洗いましょう。

一方で、普段の何気ない仕草にも気を配る必要があります。 女性は男性よりも小さいポイントに気づきやすい傾向があるからです。 例えば、持ち物を乱雑に扱ったり飲食店の店員に横暴な態度を取ったりしていませんか?  もし心当たりがあるなら、女性から幻滅されないように今すぐ改めましょう。 心の余裕は態度にも現れます。 時間や気持ちに余裕がある男性は大人の振る舞いが自然とできるので、交際クラブの女性からも人気が高いです。 さらに、何が起こってもドンと構える度胸も大切です。 小さなことでもオドオドしない頼りがいのある男性は、どのシーンでも女性に好まれます。

モテる優良パパの振る舞いを意識しよう

交際クラブに入会している女性の間では、振る舞いが紳士的で好印象に映る男性のことを優良パパと呼ぶそうです。 当然そのような男性は女性から人気があるので、マッチングできるのはひと握りです。 優良パパとの関係性が濃くなると、女性も「今日はホテルに誘われるかも」と内心期待を抱いていることが多いです。 お手当は高額になりますが、ホテルに誘いやすくなります。 このようにガツガツいかないことで、女性の方から誘わせることがいとも容易くできるのも優良パパが行っているテクニックです。

さらに、デートのときのプレゼント攻撃を繰り返すことも、優良パパの作戦のひとつ。 デートを何度か楽しみ、プレゼント攻撃を受けてもらえれば、関係を深めた後にホテルに誘うと女性は断りづらくなります。 プレゼントをもらってばかりだと、お返ししたくなるのが一般常識が身に付いた女性の特徴です。 すんなり大人の関係に誘導できるところも、優良パパの腕の見せどころです。

まとめ

たとえ冴えないタイプでも、見た目や香りに清潔感を持たせて紳士的な振る舞いを身につければ、交際クラブではモテるんです。 交際クラブの女性は、男性からのお手当てはもちろんのこと、社会の先輩として学べることがあると思って付き合ってくれます。 自分本位で付き合うのではなく、レディーファーストの精神で臨むことがポイントです。


Comments


bottom of page